伊勢市駅から徒歩5分、商店街の中にイルカの旗が目印のブラッスリー

ブラッスリー ドーファンイーヴル

融合する個性

こんばんわ。今日は暖かくて春が近づいてきたぁ♪と
嬉しくなる陽気でしたね。ええ、寒がりなもので。

寒さが和らいで緑が芽吹いてくるように
今日のドーファンには個性的なお客様たち。

この『ドーファン・イーヴル』というお店で働いてみて、
世の中には色んな人がいますが、実に個性的な人たちが
集まるお店だな・・・と思いました。

そして、そんな個性的な人たちは皆、こんな私にも
本当に優しくて、そして楽しくて、思わず「お客様」であることを
忘れてしまいそうになります。


正面から写真を撮ると、あまりの個性に忘れられなくなる可能性が
ありますのでバックショットにしてみました(笑)
左には、無邪気で可愛くて仕事もデキて、私がドーファンへ初出勤で
緊張していた日最初のお客様、大好きなお姉さんMさんです☆
そして右には、お会いするまでシェフからお話だけは聞いていて、
初めてお会いした日に「熊を一撃で倒せそう!」と思ったO貫さん。
ポニーテールしてますが、男性です。って体つきでわかるか。


本当によくよく考えたら、濃いツーショットです。
この個性人たちに負けないように(?)私も自分磨き頑張ります。
皆さんもドーファン・イーヴルへ、自分の個性を再認識しに来ませんか?



☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆

個人的な追伸(すいません)

O貫さん、以前に「梅見においで」って
言ってもらってたのに行けずにスイマセン。
ミィは寒がりなので、もうすこし暖かくなったら
活動できると思います。
というか、深夜に商店街歩いてるかも(笑)

ブイヤベースが出来るまで~其の弐~

前回、中途半端で終わってしまったブイヤベース作りの画像を
シェフから頂きましたので、本日は遅ればせながら
ブイヤベースが出来るまでパート2をお届けします。



まずは、香味野菜(タマネギ、人参、セロリ、にんにく)を
オリーブオイルでしんなり炒めます。
この工程を「スエ」?「スウェ」?とシェフは言っていました。
野菜が汗をかくようにじっくりと炒める、、、だったような。
誤情報だったらスイマセン。



次に、前日寝かせておいた魚のアラ登場!
炒めた香味野菜の鍋にダイビングです。
そこに更に、トマト・ブーケガルニ・水を入れて煮ていきます。



こんな感じです↑

これを水が湧いてきたら木べらで骨を潰しながら25分。
シェフは「25分」について熱く語っていましたが
何だかよくわからないので、「まぁ、その話はイイです。」と
断ってしまいました ヽ(`Д´☆ガッ■━⊂(・∀・ ) 彡

興味のある方は、是非聞いてあげてください(笑)



そしてグツグツ煮ていると、アクがたくさん出てきます。
煮物を作るなら、こまめに取ってしまいたいアクですが
ブイヤベースはグッと我慢!
お米を炊くときの『赤子泣いてもフタ取るな』のごとく
アクが出てもググッと我慢です。



そして、こだわり?の25分後、骨を潰すように裏ごします。
ガンバレ、ガンバレ。あと一息☆

最後に、出来上がりの味をみながら塩こしょうで味を整え
煮詰めていきます。

そうしてようやく、ブイヤベースの完成です♪



お魚エキスとコラーゲンの塊!
どうです?食べたくなってきたでしょ?(笑)

次回、 ブイヤベースを食べるには~番外編~
をお送りします。

まとめて2日分

今日はポカポカ日和だったようですね☆
朝から夕方まで、ずぅっと室内に籠もっていたので
全く外のことがわからない一日でした。

昨日はブログを書こうと思いましたが、何となく
背筋にぞわっとするものがあり、早々に帰って寝てしまいました。
なのでズル?してまとめて2日分のドーファン日記です。

まず、昨日。
ドーファンの外階段を登ってきてもらうと店内が見える大きな
ガラス窓があります。そこから見えるワインのコルク池(と、勝手に命名)
そこに所々潜む、赤や黄色や緑色のゴムのような素材のコルク。
それがいつも気になっていました。

そして!遂に行動に出ました。


まるで宝探しです(笑)
足場が悪いのでドキドキしながらの作業。
思えば、この時にお客様が階段を上がってみえてたらビックリしたでしょうね。
その時はドーファンの座敷童だとでもしといて下さい。

コルクに埋もれた天使達を救助し、様々な柄のコルクと戯れ任務完了。


完全に自己満足な作業でした。
忙しいところ巻き込んですいませんでした、シェフ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、本日。

こちらは定番メニューにも、アラカルトメニューにも載っていません。
「菜の花とベーコンのクリームパスタ」、、、で良いんですかね?



お客様?お友達?が、アラカルトメニューの
『菜の花とベーコンのフリカッセ』の文字を見て
「あ~、菜の花とベーコンのパスタとかあったらな。」という
リクエストにお応えしてシェフが急遽作りました。

出来上がるまでちょっと私もワクワクしながら待って、
写真を撮らせていただきました♪

今日は、広島からお伊勢参りに見えたお客様や
ホームページを見てご来店下さったお客様など
お休み前のドーファンを賑わせて下さいました (●´∀`●)
ありがとうございました!

ワインと楽しむスイーツ

こんばんわ。実に1週間ぶりの登場、かよです。
青い春にもがき、ブログをお休みしていました。
その間、様々なことがありました。

まぁ、私ごとはさておき。

先日シェフに、チーズケーキについて熱く語りました。
チーズケーキ、と一言で言っても種類は様々。
スフレ、ベイクド、レア、の3種類が主でしょうか。

チーズケーキが好き♪という方、結構多いですよね。
私もその一員です。

ふんわりした食感のスフレ。
さっぱりとしたレア。
濃厚な味わいのベイクド。
どれも甲乙つけがたい美味しさです。

チーズケーキは今やスーパーやコンビニでも市販されていますよね。
でも、市販のチーズケーキは『甘いスイーツ』のチーズケーキ。
それはそれで、確かに美味しいのですが、ブラッスリー ドーファン・イーヴルで
お出しするなら、ワインに合うチーズケーキもあっては良いのでは?

ということで、早速試作してみました!
世界三大ブルーチーズ、ゴルゴンゾーラのチーズケーキです。


まだまだ改良点はありますが、なかなかの出来でした。
と、偉そうに言ってみたものの作ったのはシェフですけど(汗)

ちょっと軽くワインを飲みたい時などにおすすめのスイーツです。
ワインは飲まないけどチーズが好き!という方にもおすすめします。

伊勢シェフクラブ!!










伊勢シェフクラブの親睦会です この日は特別会議をするのではなく、シェフクラブの新年会です!!




伊勢のフレンチ、イタリアンのシェフたちが集まって、持ち寄ったつまみをあてにワインを飲み話し合う会です。  

会場を提供してくれた、ビストロ・クレメの豊永シェフ本当に有難うございます。

        その後、呑み足らなかった!?メンバーとお好み焼屋で二次会  この頃にはさすがに出来あがっていました。(笑)
シェフたちと話が出来て、とても楽しい会でした。
僕はいつもの事ながら営業時間が遅いため遅れって行ってすみません。

2月11日、雨

スタッフ林です。
既にカヨさんからポストされていますが、去る11日、下村美佐さんによるValentine's Concertがドーファン・イーヴルにて行われました。今回は僕は、スタッフではなくお客として参加。


冷たい雨が降り、刺すような寒さに覆われていた伊勢の街でしたが、丁度Liveが行われていた店内に一歩入れば、そこは暖かな空気に包まれていました。思わずドリンクの注文も忘れてしまうほど。



新しく手に入れたカメラで張り切って撮影させて頂きましたが、僕の写真であの雰囲気をお伝え出来たでしょうか?
Misa Shimomuraの音源は下記MySpaceから。店内BGMにも使用させて頂いております。


耳に残るは彼女の歌声

♪オ~シャンゼリゼ~

バイト帰り、鼻歌交じりに薄暗いしんみち商店街を歩き、
陽光飯店行きたいな、と前を通りがかった頃、ちょっとメタボ気味な猫を発見し
独りで猫を追いかけました、かよです。

言わば、そんなテンションになってしまうぐらい楽しかったのです♪

下村美佐さん。
いつもはちょっとウルサイ音楽ばかり聴いている私ですが本当にステキ☆でした!
ボキャブラリーが少ないので、この気持ちをどう表現していいかわかりませんが
この伊勢という土地には本当に素晴らしい人がたくさん生まれ育っているのに
そんなこと何一つ知ろうとせず「私、伊勢好きやもん」とか言ってた自分が
恥ずかしいです・・・。

本来なら、美佐さんの演奏や歌について
ツラツラと書ければ良いんですが、ボキャブラリーはないわ、知識はないわ、で
どう書いていいやらわかりません。
今日、生で聴けなかった方達に対して、何の感動も伝えられず
役立たずで本当にすいません。

ライブの模様は残念ながら、私の携帯では写真を撮ろうとすると
♪ピロロロロ~ンと音が出るので撮れませんでした。
林君がデジカメで撮ってくれてましたので、ライブの報告は後ほど林君がしてくれる。
してくれます。お待ちアレ。

私が撮れた画像。
これは、本日5名様でお越しのお客様の中にお誕生日の方がいらっしゃいまして
デザートのバースデーケーキバージョンです。
美佐さんのバースデーソング付♪でした!



そして「お誕生日」というキーワード繋がりでこの一枚。
一番左に映っている方が、先日ブログでご紹介した
「月の魚」のサカナさん。今日も男前でした(照)
真ん中に映っている方が、同じくブログでご紹介した
陶人形作家のふじいかずのりさん。通称キムくん。今日も愛くるしい(笑)
一番右は、先輩スタッフ林君です。
このスリーショットをカウンターで見た瞬間 『ブログネタが揃ってる』と思い
撮ってみました。



3人が手にしているハリボのグミは林君からの頂き物。
私はお誕生日祝もしてあげていないのに、、、ありがとう。
ちなみにサカナさんも2月9日、肉の日生まれ。
サカナさん、林君、おめでとうございました!
゚・:*:・。(=゚ω゚)ノ才×〒"├ヽ(゚ω゚=)。・:*:・゚

そんなこんなで時間はあっという間に過ぎ、楽しい時間は終わりを告げました。
本当はもっと、今日の主役・美佐さんともお話ししたかったし
もちろん他にも初めてお会いする方、お久しぶりな方、たくさんの人と
接したいところでしたが、こう見えて案外と人見知りなので
そそくさと家路に就いたのでした。

スタッフのくせに、バレンタイン用のガトーショコラを購入して帰る
ちゃっかりさは持ち合わせてますけども。
自分で購入しておいて何ですが、
ガトーショコラ、トリュフ共に数に限りがありますのでお早めに(笑)



本日はこの辺で。おやすみなさい。

男ってやつは

こんばんわ!ドーファン休日明けの水曜日です。
月曜のブログに書いた通り、昨日シェフ達は
津のとあるお店でお誕生日会兼新年会でした。

ブログ用に写真を・・・とお願いしてましたので
私、今日はわくわくしながら出勤しました。
「で、どうだったんですか?例のお店は?」
と聞くとシェフは
「そうそう。写メ送ってきてくれとったよ。」
と、見せてくれました。
その画像がこちらです。



そして、もう一枚。



・・・ん?・・・・・・。・・・・・で?

いや、この写真を撮ってくれた方は、ドーファンの
大切なお客様です。それはわかってます。
しかし!敢えて言わせて頂きましょう。

何で料理(と言って良いのか)の写真だけなんですか?!
この串にかじりつく面々だとか、そういうショットが
やって来るものだと思ってた・・・(笑)

しかも。
林君の送ってくれた写メがこちら。



・・・君もか!!!男ってやつは!!!

ふぅ。今日も取り乱しました。すいません。
気持ちを落ち着けて、シェフ達から聞いたお店の話をしましょう。

ここは津駅前にあるという居酒屋?さん。
扉を開けると、店内は鰻の寝床のような造りだそうです。
会社帰りのサラリーマンやらOLさんやら学生さんで
連日賑わっているのだそう。

おもしろいのはお店のシステム。
ご夫婦が2人だけで経営されているみたいで
ご主人さんはひたすら調理。奥さんは接客。
店内にメニューはなし。料理は一品のみ。豚の串焼き。

席に案内されたシェフ達。
奥の座敷に通されたようですが、そこは家庭の一室のようだったとか。
タンスと鏡台が置いてあったらしいです。生活の香り漂う一室。

で、注文方法はと言うと。

「タレ30、塩30」

こんな感じでOKなんだとか(笑)
30って何?と思いました?
何でも、「串焼きのタレ味30本、塩味30本」の意味。
それも部位なんて関係ありません。
届いた串焼きは、どこの部位だかわからない。でも美味しい。
野菜とかはないんですか?と聞いたら
最初に突きだし的に、白菜の浅漬けが出たようで
それのみ、らしいです。
しかも箸なんて存在しません。爪楊枝オンリー。

ね?不思議なお店でしょ?
伊勢にあったら面白いのにな。

私もまた今度、行ってみたいと思います。
一緒に行く方、大募集!
お申し込みはこちらまで(笑)→(0596)23-7577

シェフ達はこの後、二軒目のお店に行き、23時まで
津の夜を楽しんだそうです。お疲れさまでした。
(林くん撮影の画像が2軒目)
それにしても、ちゃんと林くんのお誕生日、お祝い出来たんでしょうか?


さてさて、そんな休日を満喫した明日はバレンタインライブ!
どんな一夜になるのか楽しみです♪
明日はきっちり、私が報告させて頂きます!

でもライブはやっぱり生で聴くのが一番ですよ?待ってます☆

休日前のドーファンは・・・

週初めの月曜日、皆さま今日も一日、お疲れさまです。
本日のドーファンは、有難いことにお客様が一組帰られる頃に
次のお客様がお越しになる、という感じでした。
いつもはディナータイムぐらいしか居ない私ですが
今日はバータイムまで残りました。
何というか、大人な空間でした。

とてもじゃないけど、「お写真撮っていいですか?」なんて
切り出せる勇気がゴザイマセンデシタ。

そんな訳で、本日の写真は3日後に控えた下村美佐さん
バレンタインライブのフライヤーご紹介です♪
右側に映っているフライヤーは先週の定休日にせっせと
シェフが作ったモノです。
左側に映っているフライヤーは下村美佐さんが作ったモノだそうです。
手のひらに乗ったハートが可愛い★
ライブはシェフもブログに書いてくれていますが19時と21時の2回公演。
チャージ、オードブルが付いて何と1.500円!

ご予約優先とさせて頂きます。
電話の前で、私ワンコールで取れるようお待ちしてます(笑)


さてさて、明日は火曜日。定休日。
なんと先輩スタッフ林君のお誕生日なのです。
そこでドーファンチームは、林君のお誕生日会兼新年会という名目で
とある方と、とあるお店に行く予定でした。

いや、行きます。
シェフと林君は・・・。
私は諸事情で欠席となってしまいました。
林君、ゴメンね m(。≧Д≦。)mスマーン!!

明日の『ドーファンチームOFFの顔』は、私に代わって
とある方がきっと写真に収めてきてくれるハズ・・・!
私も報告を楽しみに待ちたいと思います。

それでは皆さま、ご機嫌よう!

決意早くも撃沈・・・

おもてなしが出来る人間になる!とデカイ口を叩いた2日後
見事に撃沈いたしました、かよです。

今日は『散歩道』でご予約のお客様がおいででした。
どんな方かな、もういくつの星を集めたのかな、と
ワクワクしながら待っていました。

すると、可愛らしい女性がみえました。
私より若いぐらいでしょうか?
そして、ドーファンの星は11店舗目!

私は今、10個の星を集めています。
何だか歳も近いし、勝手に『散歩道仲間!』とか
思えてしまって、お帰りの時にお話しよ♪とテンションUP↑

が、その後お客様が2組お見えになり、散歩道のお客様も
その2組のお客様に対しても、ただバタバタしていただけで
おもてなしは出来ませんでした・・・。テンションDOWN↓


そんな訳で今日のブログ写真は、パン作り工程のみです。
ちょっぴり成長?したパン作りをご覧下さい。

強力粉、砂糖、塩、バター、イースト、水をコネコネした直後。
右がくるみパン、左上は白パン、左下は、、、秘密。答えは後ほど。



そしてこれが発酵後のパン生地。膨らんでます!
この膨らみをパンチして凹ませます。



そして成形。この後はシェフにおまかせ。
オーブンで何分かわかりませんが、焼き上げます。



そして完成!ジャジャーン!(死語)



秘密の生地の正体はコチラ。
フェンネルのパンです。かよパン工房の新作です(笑)
試しに作ってみたので、シェフと食べてしまいましたが。



シェフからOKサインを頂きましたので、
近い内に皆さまのお口に入る日が来ます!
胃腸薬と共にお待ち下さい(笑)

談笑と決意

本日、団体でご予約のお客様。
職場の新年会のようでした。



お開き前に撮らせて頂いた画像なので何だか
テーブルも片付いてしまってますが、
皆さんでブイヤベースを召し上がって頂きました。



上司や部下、お仕事の疲れ、ぜーんぶ忘れて
ただ楽しく過ごせる場を提供する。
簡単そうで難しいな、と感じた一日でした。

例えば一年後の新年会。
今年はどこのお店でしようかと思った時に、ふと
そういえば去年のあのお店は良かったな。
今年もあそこでやろう!と思ってもらえる。
そんな『おもてなし』が出来る人間になりたいです。

今はまだ、慌ただしくバタバタと動いているだけで
何にもできませんが、いつかきっと・・・!

いつになく真面目に語ってしまいました。
いやはや、お恥ずかしい(照)

それにしても一週間ってホントに早い。
もう週末ですからね。
今日は本当は私、お休みの日でしたが臨時出勤でした。
週末の夜に何の予定もないって・・・。
いやはや、お恥ずかしい(恥)
いつでもお誘いお待ちしてます。

あさって日曜日はランチ営業にも出勤ですので、例のアレ。
『パン作り』が私を待っているのです!
今度はやりますよ!やってみせますよ!完璧なパンをね!

それと、明日の土曜日のランチ営業は、都合により
お休みさせていただきます。
ディナー営業は通常通りです。よろしくおねがいします。

ブイヤベースが出来るまで~其の壱~

ブイヤベース。それは南フランス、プロバンス地方の郷土料理。
ふかひれスープ、トムヤムクンと並ぶ世界三大スープのひとつです。

なんて説明すると、日本人的には「お洒落な食べ物!」と思えますが
平たく言えば、フランスの漁師鍋です。
日本の漁師さん達が、漁から帰ってきてその日捕れた鮮魚を
鍋に放り込んで食べますよね?あれのフランス版のような物です。
漁師さんが売り物にならない小さな魚を鍋で煮込んで食べたのが
ブイヤベースの始まりだと言われています。

本来は THE男の鍋 という感じの内臓も何もかも放り込んだ
ドロッとしたものだったらしいです。
それが今や、何でもマルセイユ市にはブイヤベース憲章という
公式に定められたブイヤベースのレシピがあるそうです。

具材にする魚は地中海の岩礁に生息するものに限定。
具材にする魚は最低でも四種類以上。
出汁を取る小魚は決められた魚。
ブイヤベースは短時間で仕上げる。
といったレシピだそうで、マルセイユ市の熱い想いが伝わってきます。

さて、そんなブイヤベースはドーファンの冬を代表する料理。
今日はそんなブイヤベースについての連載第一回。

ブイヤベースは漁師鍋、なんて簡単に言っちゃいましたが
本格的なあの複雑な味わいは、一般家庭では作れません。
ましてや水炊きぐらいしか作れない私には尚のこと・・・。

今日は魚のアラで出汁を取る下ごしらえのご紹介。



今日のアラは、スズキさん、タイさん、ブダイさん、、、あとは、、、
何だか正体のわからない(名前がわからない)魚さん。
この魚のアラの背びれ、尾びれなどを切り落とします。
頭はパックリ割っちゃいます☆
そして、骨はある程度小さく切ります。



鶏ガラだしとか取る時も骨は切りますもんね。
やっぱりお魚も骨からダシが出るんでしょうかね。



次に、塩、エルブ・ド・プロヴァンス、サフラン、白ワイン、
オレンジの皮、オリーブオイルで一晩寝かせます。

と、今日ご紹介できるのはココまでなんです!
中途半端ですいません (。-人-。)

何故ならこの続きを明日シェフがやる頃、私は居ないからです。
シェフに「作りながら写真を撮っておいて下さい。」と
お願いはしてみましたので、連載第二回をお待ち下さい。

この下ごしらえされた魚のアラ達から生まれるスープは明日、
ブイヤベースとなって、ご予約のお客様のテーブルへ。
明日はブイヤベースを団体様でご予約頂いています。
楽しくて美味しい時間が明日のドーファンには待ってることでしょう!

2・11 バレンタインライブ!!



2月11日 (祝) に 下村美佐のライブをします。





アートプロジェクト Laboratoire Village Nomade  に招待されて、映像作家 “茂木綾子さんとご主人で映画監督シネ・ノマドのヴェルナー・ペンツェル氏と共にスイスで音楽アーティストとして活躍していたミサちゃんですが。 今は音楽活動をするとともに、国際アートプロジェクト「ノマド村」の一員として 淡路島 で古い校舎を改築移り住み活動しています。http://nomadomura.exblog.jp/  





バイオリニスト宮嶋哉行さんとの即興音楽デュオ「THIS=MISAx SAIKOU」では、ドーファン・イーヴルで数々の感動のライブをしてくれていました。
www.myspace.com/misashimomura


今回はギターと唄でのライブをお楽しみください。






2月11日 (祝)   “Misa Shimomura Valentine Live at Dauphin Ivre! !”
 19:00、21:00 2回公演  ¥1500-(チャージ、オードブル盛り合わせ付き)

      その他、料理・飲み物もたくさん用意しています。                                           席に限りがございます、ご予約優先にさせていただきます。



楽しいライブにしたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。  






     ミサちゃんの新しいCD「なないろ」を旅人工房より全国発売中です。

ドーファン・イーヴルのバレンタインは驚きがいっぱい

鬼は外!福は内!本日は節分ナリ。
でも、ドーファンにはどこ吹く風。
今日はバレンタインチョコのご紹介。

まずはこちら、トリュフ4個入り。
グランマニエ入りの生チョコをベルギー産クーベルチュールで
コーティングした大人の味わいです。
シェフの手間のかかった品ですが、私の「一般乙女の手が出しやすい価格」
というお願いで、何と600円!言ってみるものですねぇ。
しかし、良いんでしょうか。600円。
グランマニエも使って、ベルギーチョコも使って、フレンチシェフが作ったトリュフ。
600円・・・。ちょっと心苦しくなって来たような気が無くもない・・・。

後ろに映っているラッピング済み状態でのお渡しになります。
数に限りがありますので、お早めにどうぞ♪
ちなみに私がラッピングします。(要らない情報ですか?笑)



そしてお次はこちら、ガトーショコラ。
アルザス地方のお菓子がルーツと言われているそうです。

こちらもベルギー産(チョコレートといえばやっぱりベルギーですよね)の
ビターチョコを使用し、素材の味を生かしてしっとりと焼き上げました。
大きさは約6センチ×18センチ。
なのに、お値段1.000円!!
これも私の「一般乙女の手が出しやすい価格」というお願いで破格です。



ちなみにこのラッピング、リボンを微妙にハート型。
あと、手前に映っているイルカさんは陶人形作家ふじいかずのりさん作。
ドーファンの店内に他にも潜んでます。
ホンワカした暖かみのあるとっても可愛い人形です。
作家さん自身もホンワカした空気の愛らしい(という表現でいいのかな)人です。

バレンタインギフトは、この他にもご用意するつもりです。
今日はマンディアンの試作をしました。
マンディアン・・・あれは簡単そうに見えて、センスを問われますね(汗)

本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、ご褒美チョコ・・・
1個からでもお気軽にお立ち寄り下さい。

はぁ~。ようやくバレンタインのご案内が出来てホッとしました。
明日の日記、、、じゃなかった(笑)ブログはドーファンの日常を
お伝えできると思います。乞うご期待。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

あと、全く私事ですが、嬉しかったので書かせて頂きます。

リンクページにある河崎のお店『月の魚』さん。
ざっくりいうとアンティーク雑貨のお店といえばイイのでしょうか?
オリジナルの銀物やアンティーク着物をアレンジした小物が
『蔵』を改装?した店内に並べられていて、実はドーファンで
バイトを始める前から何度か伺った事のあるお店でした。
可愛くて、お洒落で、でもどこか懐かしくて。

そんな月の魚さんで一目惚れして購入した小さながま口ストラップ。
携帯に付けていつも持っていられるし、がま口の中にバイト中は指輪を
しまっておいたり、とお気に入りでした。
それがある日、がま口の横に付いている金魚のモチーフ
(写真ではわかりづらいかも)が取れてしまいました。

正直、値段も安い物だったし、同じ物があれば買い直す、
無ければ諦めようと思ってました。
それを今日、シェフが2月11日の下村美佐さんライブの告知に
月の魚さんへ行った際、修理をお願いしてくれたところ、完治☆
すっごく嬉しかったのです!
綺麗に直ったことも、直してくれたその心遣いにも。


サカナさん、本当にありがとうございました。大事にします。


月の魚のオーナー兼作家の通称サカナさん。
とっても格好いい人です。お会いするとドキドキ緊張します。
皆さんも是非、ドキドキしに『月の魚』さんへ。

あ、素敵な奥様と可愛らしい娘さんがいらっしゃいますので
ドキドキはサカナさんのセンスと作品に向けて下さい(笑)

宴の余韻

今日は団体のお客様でした。

シェフは調理に、林君は給仕に、とドーファンチームは大忙し。
まぁ私はもっぱら皿洗いでしたけれども (。ゝ(ェ)・。)ゞ

それにしても、今日のお客様。
皆さま、飲むわ飲むわ!
「グラスが足りないです・・・!」という林君の台詞を何度聞いたでしょう。
ビールに始まり、ワイン、ウイスキー等々、盛り上がっておいででした!

そんな楽しい宴の跡がコチラです。



この後片づけを終え、私と林君は家路に就きましたが
シェフはまだやる事が残っているようでした。
お疲れさまです。

明日はドーファン定休日。
それでは、またあさってに。おやすみなさい☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚